細川先生のルビュにCLD児の活動についてとりあげていただきました!

言語教育関係者がひそかにとてもとても参考にしているメルマガ、ルビュ、

そこに私の活動や考えについて言及してもらう記事がでました。


とても考えさせれるポストなので共有します。

細川先生ありがとうございます。

「自由とは自分のことを自ら決める力」、

そう思います。そして、その力はみんなもっている。

いろいろなことによって隠されているだけだと思います。

内在する力を呼び覚ますようなことばの対話的活動の場になればと思います。


また、ルビュをもし読んだことがない方がいたら、この機会にぜひぜひ登録を!



■ 研究所より ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自由とは,自分のことを自ら決める力

                              細川 英雄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松田真希子さん(金沢大学)がこのところCLD児の課題について取り組んで

いる。

「CLD児を日本の社会と教育を変える力に」

https://note.com/ma2_weddiingtips/n/nfc681aec5e45


その松田さんと少し長いやりとりをしたとき,最近,外国の子どもたちの思考

の自由を奪うような活動がさまざまなところで行われているという話も聞いた。

学習支援といいながら,正解を押し付ける練習を子どもたちに強いているよう

だ。


そういうことの起こる原因は,自由の大切さへの無知を感じざるを得ない。


では,自由の大切さを知るとは何か,その自由になれる方法とは何か。


この問いに答えるのが,フレイレの人間化の活動である。

フレイレは,対話によって個人は人間化するということを指摘したからだ。


ところが,多くの人は,対話的活動の方法論を知りたい,自分の教育実践にと

りいれたいということにとらわれて,対話をハウツーとして捉えているようで

ある。


たとえば,対話的活動ができるようになるにはどうしたらいいか,と考える人

は,対話の活動そのものを,今,自分ができていないことができるようになる

活動と解釈するのかもしれない。


対話は本来,日常の生活の中でだれでもが無意識的に行っているはずである。

だから特別なことでも何でもないものである。物を考えるということ自体,も

う一人の自分との,一つの対話なのだから。

自分がすでに他者と対話的につながって生きているということに自覚的になる

活動であるといってもいいだろう。


しかし,「対話」というと,ふだんのコミュニケーションとは違う特別なコミュ

ニケーションだと身構えているのではないだろうか。

そこで,対話とは何かわからない。わからないからだれかにこれでよいかと判

断を仰ぐ。

つまり,自分は対話をどう考え,どう人と接したいかを,自分で決める自由を

放棄してしまうのだ。


この自分で決める自由こそ,人が社会において他者とともに生きていくために

必要なことなのではないかと強く思う。

その自由の感覚を持たないと,学習支援といいながら,平気で正解を押し付け

る練習を子どもたちに強いるようなことをして,しかもそれが非人間的な行為

であることに気づかない不幸に陥る。


自由とは,自分のことを自ら決める力なのかもしれない。


このことを改めて考えためのヒントとなった,松田さんに御礼申し上げる。


‘----

2020-06-19] Revue Langue,Culture et Education. n.755

#####################################################################


[ 週刊 ] ル ビ ュ 言 語 文 化 教 育(RLCE) ─755号─


#####################################################################

ーーーーーー

[PR] 当研究所もFACEBOOKにサイトを作りました。日々の生活や発信のリアク

ションなどの詳細については,FACEBOOKをご覧ください。

http://facebook.com/gbki.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誌 名:ルビュ「言語文化教育」755号

発行日:2020年6月19日

発行所:言語文化教育研究所 八ヶ岳アカデメイア

    〒408-0311 山梨県北杜市白州町花水278-43

http://gbki.org/

編集,発行責任者:細川英雄

http://gbki.org/#greet

配信システム:まぐまぐ

http://www.mag2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

もう一度!世界の青少年日本語学校オンライン学園祭2020 を開催します!

前回はうまくできなかった、参加したかった、という声も多く、もう一度行うことになりました!! 【第2回 オンライン学園祭について】 日時:2020年11月8日(日) 日本時間 22:50~25:00(イベント時間は1時間半、残り30分はフリートーク時間) 参加形態:Presenter(学校や地域の紹介をする人たち)、Visitor(見に来る人たち) 定員:200名 Presenter:日本語を学校等

2020年9月13日 世界の青少年日本語学校オンライン学園祭を開催します!

会話のテーブルもピラールドスールの渡辺先生、サンフアン学園の本多先生の参入でこどもの参加が増えてきました。 もっとこどもたちが一斉に参加して交流してほしいという渡辺先生の希望もあり、9月13日に世界の日本語学校で日本語を学ぶこどもたちを中心にした学校紹介ワールドカフェをRemoで行うことになりました。もしよかったらお知り合いの学校や教室の方に参加をよびかけていただければと思います。 Remoテーブ

8月のCLD先輩のテーブル

8月2日 松井暁美さん 日本 神奈川 ブラジル・ピラールドスール出身、今は日本暮らし 8月9日 島田勇次さん ブラジル サンパウロ JFSP勤務 8月16日 Doami Angela Ayumiさん ブラジル ベレン 日本生まれ、日本育ち 今はブラジルの越智学園で日本語教師 8月23日 Lirika Shiromaさん ブラジル サンパウロ 日本生まれ、日本育ち。 ブラジルに移住してから早8年。

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

​© 2020 by CLD Online Wix.com で作成されました。